辻利兵衛本店 歴史

辻利兵衛本店 歴史

辻利兵衛本店歴史
中興の祖

中興の祖である、山崎屋 利右衛門の長男 仙助が辻家にはいり辻仙助となったことから辻利兵衛本店の歴史がはじまる。辻仙助は、父(山崎屋 利右衛門)から「山」と「利」を取って屋号を介(山に利・・やまり)とし、1860年に辻利兵衛本店の前身でありまた礎となる“介”辻商店を起業。この時に辻利兵衛本店が受け継ぐ屋号“介“(やまり)が生まれる。
1844年5月24日生誕の仙助(青年期に利兵衛、晩年期に利右衛門と改名)は辻家に入ったのちに、当時親の仕事であった農耕と餅屋を手伝い、茶園をまわり茶摘みさんたちにあんころ餅を売り歩いていた。
幕末、徳川幕府としての数百年の威信が次第に失墜するなか、手篤い庇護を受けていた宇治の茶師たちはその庇護を失い、幕府の衰退とともに徐々に衰え荒廃していく宇治の茶園風景を目にしていた利兵衛は、1860年(萬延元年)に「こんな素晴らしいものを失くしたくない 」と自らの私財を投じて茶園30アール(約907坪)を買取り、立志伝中の想いで介辻商店を起業。
※ 当時は汽車などもなく利兵衛は「東海道或は山陽道、時に九州までも草履で歩き、得意先を増やし秋から冬にかけて全国へ売り歩いた」と言われている

初代 辻利兵衛 (幼年期 仙助、青年期 利兵衛、晩年 利右衛門)

1844年5月24日 (弘化元年)山城宇治に 生誕 ※ 父 山崎屋 利右衛門の長男 幼名を仙助、生長して利兵衛と称したのち、晩年に利右衛門と改名。
山利の商魂も父の家が代々山崎屋と称したから唄えたものであると伝えられている。

1853年(嘉永6年) 仙助 9歳の時、京都烏丸六角の商家に奉公し質屋と両替を営む
1856年(安政3年) 仙助 12歳の時、郷里へ帰り、農耕の傍ら餅屋を業とする両親を手伝う
1860年(蔓延元年) 利兵衛 17歳で私財を投じて茶畑30アール(約907坪)を買取、立志傳中にて辻商店を起業。屋号を“介”(やまり)とする。
1868年(明治元年) 利兵衛 苦悩・苦心の末、 玉露改良に成功。 利兵衛が玉露改良してからは、玉露は茶の中で最も優れたものとして知られることとなる
1872年(明治5年) 利兵衛の努力の結晶ともいえる新玉露「大門」を発売し、介辻商店としての転機となる
  • 1853年(嘉永6年)
  • 仙助 9歳の時、京都烏丸六角の商家に奉公し質屋と両替を営む
  • 1856年(安政3年)
  • 仙助 12歳の時、郷里へ帰り、農耕の傍ら餅屋を業とする両親を手伝う
  • 1860年(蔓延元年)
  • 利兵衛 17歳で私財を投じて茶畑30アール(約907坪)を買取、立志傳中にて辻商店を起業。屋号を“介”(やまり)とする。
  • 1868年(明治元年)
  • 利兵衛 苦悩・苦心の末、 玉露改良に成功。 利兵衛が玉露改良してからは、玉露は茶の中で最も優れたものとして知られることとなる
  • 1872年(明治5年)
  • 利兵衛の努力の結晶ともいえる新玉露「大門」を発売し、介辻商店としての転機となる

茶選別の風景

茶選りさんが、茶葉を一枚一枚手作業で、赤葉、黄葉、または茎などを茶選唄をうたいながら茶を選っている情緒ある風景

茶ほいろ場の風景

連綿と受け継がれていく宇治茶を守ってきた熟練の茶職人たちが手揉み製法で茶葉の形状を成型していく風景
よく揉み、よく煉ったあと、更に煉焙ろにて煉1868年(明治元年) 苦悩10年の末、玉露改良に成功。 玉露改良してからの玉露は茶の中で最も優れたものとして知られることとなる

茶櫃(缶櫃)を考案

1891年 明治24年ごろ 茶櫃の木箱内側にブリキを貼ることで茶の保管状態を良くした新しい茶櫃を考案。これにより宇治茶を高品質のまま販路拡大へと導いた
*茶櫃とは茶葉を保管また運搬するときに使われた入れもの。現在普及されている茶櫃という言葉の意味とは異なる。

当時の利右衛門翁銅像設計 青図面

宇治玉露形状を変化させ玉露を完成させたこと、また茶櫃(缶櫃)を考案したことで宇治茶の歴史に大きく貢献したことを評され1927年(昭和2年)緑綬褒章従六位を賜り1933年(昭和八年)に平等院正門横に銅像が建立される栄誉に至る。

初代利兵衛像と二代目利兵衞

建立の際、初代利兵衛(晩年利右衛門)である辻仙助の銅像を横に、誇らしげな2代目利兵衛となった辻恒次郎(利兵衛と改名)

1927年 (昭和2年)8月19日
緑綬褒章を賜る

1927年(昭和2年)8月29日
緑綬褒章拝受日の記念撮影

1927年(昭和2年)8月
“現 利兵衛”(2代目利兵衛)より“利右衛門翁”(初代利兵衛)へ宛てた手紙を扇子に

銅像建立の際に撮影した親族での記念撮影

写真中央が当時介辻商店 2代目辻利兵衛(辻恒次郎)

1933年 (昭和8年)4月23日
利右衛門翁銅像 地鎮祭

1933年 (昭和8年)9月10日印刷
辻翁傳記

1933年 (昭和8年)9月15日発行
辻翁傳記

Instagram

INSTAGRAM